農材リサイクル

これまでロックウールは「燃えない」「腐らない」ことから、 処分に困ると言われてきました。
弊社は循環型社会を目指すうえで、ロックウールのリサイクルは不可欠と考え、環境省の広域認定制度に則り、
グループ内の工場で使用済みのロックウールの再生処理が可能となりました。

リサイクルの概念

使用済みのロックウールは当社グループの工場に回収され、パージン原料とともに溶融炉へ投入されて、 再びロックウール製品に生まれ変わります。
リサイクル原料を用いた製品の品質は、通常の製品と何ら変わらず栽培にも安心してご利用いただけます。

 

ロックウール広域再生利用のフローチャー卜

 

使用済みロックウールの再生処理にあたっては、処理費と工場までの運賃がかかります。詳しくは、弊社営業担当にご相談ください。

  • 1まずは日本ロックウール社員にご相談ください。
  • 2回収ご希望の候補日を、何日かお知らせください。
  • 3当社の工場へ廃材回収があることを伝えます。
  • 4当社配送センターへ廃材回収があることを伝えます。
  • 5お客様のご希望日と帰り便のある日を、指定運送会社とすり合わせします。
  • 6指定運送会社から、廃材輸送できるトラックが温室に向かいます。

使用済みロックウール回収例

   

 

ロックウールリサイクル六か条

  • 処理費と運賃がかかります。

    詳しくは弊社営業担当にご確認ください。
    ハウスの所在地や廃材の量をお知らせくだされば、おおよその御見積もりができます。

  • 回収できるのは当社品に限ります。

    環境省広域認定制度の定めにより、他社品は回収できません。

  • 丈夫な袋や箱に入れてください。

    輸送中に廃材から水分が漏れたり、 粉じんが飛ばないようにしてください。

  • ポリフィルムは除去してください。

    ポットとラッピングベッドのフィルムは、再原料化の妨げとなってしまいます。

  • できるだけ乾燥状態にしてください。

    水分が多いと輸送時の妨げとなり、処理費の負担もかさんでしまいます。

  • ネギ栽培に使用した廃材はお受けできません。

    水耕ネギなどの栽培に使用した廃材はネギの根が付着しており、腐敗すると強い悪臭を放ちます。輸送や工場での保管が出来ませんので、お断りしています。

 

ロックウールってなに? 農材リサイクルしています 認定施工店一覧 耐火構造認定番号一覧 QアンドAロックウール全般 QアンドA吹付けロックウール 採用情報